治験について
治験とは?
治験がなぜ必要なのか?
治験についての疑問
治験の一般的な流れ

治験でよくある質問
(1)治験は安全か?
(2)創薬ボランティア(モニター)とは?
(3)自己負担金はあるのか?
(4)検査結果は教えてくれるのか?
(5)詳しい説明を受けた後、参加の有無を決めたい。
(6)誰でも参加できるのか?
(7)治験の掛け持ち、治験終了後すぐ他の治験参加は可能か?
(8)個人情報保護に関して
(9)治験で使用される新薬について
(10)他の病院に通院していても大丈夫?
(11)治験参加のメリット・デメリット
(12)副作用が出た場合は?
(13)治験を途中でやめることは可能か?

治験までの流れ
(1)ホームページで会員登録
(2)治験募集情報を配信
(3)希望の治験を予約
(4)治験の説明
(5)同意書へのサイン
(6)治験の開始

会員登録
会社概要
トップページ
治験の一般的な流れ
(1) 治験計画の立案
治験を行うにあたり、製薬会社は専門医、厚生労働省の関連機関などの意見を参考にしながら、治験の具体的スケジュールを立案します。
(2) 病院・診療所への治験依頼
治験にふさわしい病院・診療所を決定、治験実施に関する依頼が行われます。
(3) 病院内での審査
依頼を受けた機関では、治験審査委員会を設置。医師、法律家、一般の方も交えて、治験計画の安全性・科学性・倫理性を議論します。
(4) 治験の体制づくり
治験実施に先駆け、担当責任者を中心とした治験チームを結成します。
(5) 治験参加者の募集
治験に協力いただくボランティアの方を募集します。
(6) 治験の実施
治験計画に沿って、指定された治験機関により治験が実施されます。治験中は、機関の治験審査委員会にて定期的に安全性など審査が行われます。
(7) 治験終了後
治験が終了し、結果が良好な場合、製薬会社は厚生労働省に対して新薬の申請を行います。これを受け、厚生労働省の関連機関が治験の方法、データ等を分析、評価されます。その結果、薬として価値が認められると、新薬の販売が許可されます。
>>治験について トップへ
Copyright(c)2008 tomo communications All Right Reserved.