治験について
治験とは?
治験がなぜ必要なのか?
治験についての疑問
治験の一般的な流れ

治験でよくある質問
(1)治験は安全か?
(2)創薬ボランティア(モニター)とは?
(3)自己負担金はあるのか?
(4)検査結果は教えてくれるのか?
(5)詳しい説明を受けた後、参加の有無を決めたい。
(6)誰でも参加できるのか?
(7)治験の掛け持ち、治験終了後すぐ他の治験参加は可能か?
(8)個人情報保護に関して
(9)治験で使用される新薬について
(10)他の病院に通院していても大丈夫?
(11)治験参加のメリット・デメリット
(12)副作用が出た場合は?
(13)治験を途中でやめることは可能か?

治験までの流れ
(1)ホームページで会員登録
(2)治験募集情報を配信
(3)希望の治験を予約
(4)治験の説明
(5)同意書へのサイン
(6)治験の開始

会員登録
会社概要
トップページ
(1)治験は安全か?
治験では安全が最優先されており、治験で使用する薬は、事前に安全性を調べ問題ないだろうと判断されたもののみです。…
(2)創薬ボランティア(モニター)とは?
新薬の開発において、薬の安全性や有効性を確かめるために協力していただく方、すなわち治験協力者の総称を指します。…
(3)自己負担金はあるのか?
治療を目的とした治験に協力いただく場合は、その病院の診察を受けることになるので、一般の患者さまと同様、初診料やその後の診察料などを負担していただく形になります。…
(4)検査結果は教えてくれるのか?
検査結果は、新薬が承認された場合、治験実施の病院で聞くことが可能です。ただし治験終了後、承認まではかなりの日数がかかります。…
(5)詳しい説明を受けた後、参加の有無を決めたい。
治験を協力いただく際、まずインフォームド・コンセント(同意説明)が大前提となり、参加者の意思が最も尊重される形になっています。…
(6)誰でも参加できるのか?
ボランティア(モニター)毎に対象年齢・性別等の条件がありますので、その基本的な募集基準をクリアしていることが、参加の初期条件となります。…
(7)治験の掛け持ち、治験終了後すぐ他の治験参加は可能か?
参加いただくボランティア(モニター)により、条件は異なります。ただし、正確なデータが採取できないことが多いため、休薬期間として3か月〜6か月期間をあけることが一般的です。…
(8)個人情報保護に関して
個人情報保護に関しては、法律で守秘義務が課せられており、登録時に記入された情報は、弊社と治験関係者のみ使用されます。…
(9)治験で使用される新薬について
治験でテストされる新薬は、製薬会社が長期にわたりテストを繰り返し、有効性・安全性共に評価を得たもののみです。…
(10)他の病院に通院していても大丈夫?
健康な方を対象とした治験は、原則参加できませんが、患者さまを対象としたものは、病気の種類、症状などにより、参加できる場合があります。…
(11)治験参加のメリット・デメリット
メリットとしては、治験中に専門医による検査が受けられ、経過についての詳しい説明を受けることができる点にあります。また…
(12)副作用が出た場合は?
治験中の治療には、患者さまの安全を最優先に、細心の配慮がなされていますが、万が一患者さまが副作用なものを感じられた場合は…
(13)治験を途中でやめることは可能か?
やむなく治験を続けることが困難になった場合は、いつでも中止することができますので、担当医師にご相談ください。ただし、途中で治験を取りやめた場合…
△ ページのトップへ
Copyright(c)2008 tomo communications All Right Reserved.