治験について
治験とは?
治験がなぜ必要なのか?
治験についての疑問
治験の一般的な流れ

治験でよくある質問
(1)治験は安全か?
(2)創薬ボランティア(モニター)とは?
(3)自己負担金はあるのか?
(4)検査結果は教えてくれるのか?
(5)詳しい説明を受けた後、参加の有無を決めたい。
(6)誰でも参加できるのか?
(7)治験の掛け持ち、治験終了後すぐ他の治験参加は可能か?
(8)個人情報保護に関して
(9)治験で使用される新薬について
(10)他の病院に通院していても大丈夫?
(11)治験参加のメリット・デメリット
(12)副作用が出た場合は?
(13)治験を途中でやめることは可能か?

治験までの流れ
(1)ホームページで会員登録
(2)治験募集情報を配信
(3)希望の治験を予約
(4)治験の説明
(5)同意書へのサイン
(6)治験の開始

会員登録
会社概要
トップページ
(11)治験参加のメリット・デメリット
 メリットとしては、治験中に専門医による検査が受けられ、経過についての詳しい説明を受けることができる点にあります。また、新薬が従来の薬より患者さまに適した場合、継続して投与できることもあります。詳しくは担当医師にご相談ください。

 デメリットとして挙げられるのは、通院・検査に時間がかかるケースがあること、治験スケジュールや注意事項を守らなければならないこと、必要な場合服用の記録をつける手間がかかること、予期しない副作用などが発生する可能性があることなど、です。ただしこれらは事前に担当医師から説明がありますので、その内容を了承のうえ、治験に参加いただくことになります。
>>治験でよくある質問 トップへ
Copyright(c)2008 tomo communications All Right Reserved.